松山市公式観光WEBサイト Matsuyama,Shikoku Matsuyama,Setouchi

  • Facebook
  • twitter

モデルコース① Recommended courses

世界に誇る瀬戸内海の絶景を堪能し、潮流体験やサイクリングが楽しめる「しまなみ海道」をはじめ、松山道後観光のマストスポット、注目されつつある港町・三津浜、西日本屈指のとべ動物園や砥部焼の窯元を訪ねる、盛りだくさんなコース。

コースの概要

コースの詳細

松山の宿
車で約25分
三津の渡し
三津港の西性寺前と港山地区の約80mを約3分を結ぶ渡し船。起源は室町時代の応仁の乱のころと言われる。渡船区間は公道であるため利用は無料。懐かしさを感じる港町の風情を味わえる。通勤や通学にも利用されており、地元住民にとっては欠かすことのできない交通手段。自転車の積み込みもOKだ。
三津浜散策
三津浜はかつては松山の表玄関として栄えた港町。往時を偲ばせる町並みや建物もまだまだ健在で、洋館の旧濱田医院、愛媛県庁や萬翠荘を設計した木子七郎(きごしちろう)が手がけた石崎汽船本社、古民家の丸木醤油店、木村邸、鯛めしが食べられる鯛や(森邸)など、現在も利用されている建物が多い。そのほか商店街には古民家を改装した店舗や喫茶店などもあり、そぞろ歩けば新しい発見がある。
三津浜の名物といえば三津浜焼き。これは広島風のお好み焼きに似た三津浜の人々のソウルフード。広島風お好み焼きとの違いは焼き方で、広島風は生地の上に具材を乗せていくが、三津浜焼きは生地の上に麺を乗せてその上から具材を乗せる。三津浜周辺には20ほどの三津浜焼きの店舗がある。
なお、周辺には駐車場があまりないので、三津浜駅周辺の100円パーキングなどを利用しよう。
車で約50分
愛媛県立とべ動物園
愛媛県立とべ動物園
西日本最大規模を誇る動物園。園内には約160種750点以上の動物が地理学、分類学、行動学に基づいて集められ、各ゾーンを巡ることで動物の国世界一周を楽しめるようになっている。「しろくまピース」で知られるホッキョクグマのピースなど、人気者も多い。ペンギンの泳ぐ様子が真下から見られたり、ライオンの雄姿を見下ろせたり、アフリカゾウの家族のほほえましい光景を楽しめたり・・と、工夫を凝らした展示が、大人にも子どもも楽しませてくれる。
車で約17分
砥部焼伝統産業会館
砥部焼の里の中核施設。砥部焼の歴史を学ぶことができ、砥部焼の斬新なディスプレイもある。
2階には町内の窯元作品を展示販売している。
  • 砥部焼伝統産業会館
  • 砥部焼伝統産業会館
車で約10分
陶里ヶ丘(窯元めぐり、カフェなど)
砥部町中心地から少し車を走らせた高台にある、お洒落な窯業団地。砥部焼の窯元やガラス工房などが立ち並んでおり、窯元めぐりにおすすめ。ギャラリーやカフェを併設しているところもある。
  • 陶里ヶ丘(窯元めぐり、カフェなど)
  • 陶里ヶ丘(窯元めぐり、カフェなど)
車で約20分

松山インター

松山自動車道から帰路へ

Pick up / おすすめ情報