松山市公式観光WEBサイト Matsuyama,Shikoku Matsuyama,Setouchi

  • Facebook
  • twitter

ぐるっと巡る!松山・東温・砥部

松山市と隣接する東温市、砥部町には
豊かな自然や伝統文化を楽しむスポットがいっぱい。
それぞれの町のおすすめ観光情報をご紹介します。

定番の松山市の観光以外にも愛媛を楽しみたい!そんな方も多いのではないでしょうか。道後温泉や松山城で有名な松山市の周りには、滝や川、渓谷など豊かな自然の中でレジャーが楽しめる東温市、国の伝統工芸品や県の無形文化財に指定されている「砥部焼の町」砥部町があります。松山市に遊びに来たら、足を伸ばしてぐるっと周辺観光も楽しんでください。

松山市 東温市 砥部町
松山市

夏目漱石や正岡子規とも関係が深い松山市は歴史と文学の町として知られています。松山城や道後温泉、美術館など町全体で歴史を楽しむことができます。

松山城

松山城

見る食べる 遊ぶ体験する

国内に12しかない江戸時代以前に建造された天守を持つ城の一つで、1602年から築城を開始し、四半世紀をかけて完成した。市内中心部に位置し、天守の最上階からは松山平野や瀬戸内海が見渡せます。二之丸から本丸にかけては韓国の倭城の防備手法である「登り石垣」があり、堀之内を含む城山公園全体が国の史跡になっているほか、21棟が重要文化財に指定されています。世界最大の旅行サイトの「旅好きが選ぶ!日本の城ランキング2017」で第3位に選ばれました。桜の名所としても有名で、春は花見客で溢れています。

道後温泉

道後温泉

見る食べる 遊ぶ体験する

道後温泉は3,000年の歴史を誇り、日本最古と言われる道後温泉のシンボル。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの3つ星を獲得し、公衆浴場として日本で初めて国の重量文化財となりました。道後温泉本館のほかにも、誰でも無料で楽しめる足湯・手湯や、土産物店や飲食店などの観光客向けの店舗がならび、観光スポットとして人気が高いです。また2017年秋には飛鳥時代の建築様式を取り入れた道後温泉別館「飛鳥乃湯泉」がオープンするなど更なる注目を集めています。

鯛めし

鯛めし

食べる

愛媛の名物でもある瀬戸内の鯛をそのまま炊き込んだ鯛めしは、鯛の旨みがご飯にしみこんだ豪快なおいしさ。郷土料理として親しまれています。神功皇后が朝鮮出兵のときに戦勝を祈願して賞味したといわれています。

たこめし

たこめし

食べる

松山市に面するう海「伊予灘」はタコが生息するのに適した環境。とれたての新鮮なたこを、漁師がぶつ切りにしてご飯に炊き込んだのがはじまり。松山のたこは柔らかくて食べやすいのが特徴です。

東温市

豊かな自然と渓谷美に恵まれた東温市。白猪の滝など自然を感じる観光スポットも充実!
本格レジャーが楽しめる東温市へ是非お越しください。

上林森林公園

上林森林公園

見る遊ぶ 体験する

公園内には、水の森・光の森・風の森のエリアがあり、多くのハイカー、キャンパーが訪れます。風の森にある風穴は、岩穴から四季を通してほぼ一定の風が吹き出し、夏になると外気との温度差によって霧が発生し、避暑地スポットとして多くの人で賑わいます。

いもたき

いもたき

食べる

秋の伊予路の風物詩といえば、河原で大鍋を囲むいもたき。ほくほくの里芋にこんにゃくや鶏肉、油揚げや野菜を煮込んだ郷土料理で、秋の風物詩です。上品に仕上げただし汁には素材の旨みが染み出していて体の芯まで温まります。

とら巻

とら巻

食べる

黄色の生地に虎柄の焦げ目がついたカステラ生地にあんこを巻いたとら焼き。専用の紙を敷いた鉄板に生地を流しこみ焼き目をつけてできた虎模様が特徴です。

白猪の滝

白猪の滝

見る遊ぶ 体験する

重信川の上流、表川白猪越の渓にかかって落下する姿は自然をの偉大さに圧倒させられる光景です。四季折々の表情を見せてくれる白猪の滝。その中でも冬には、滝の水が凍って幻想的な景色が広がります。

砥部町

伝統を肌で感じることができる焼き物の里。旅の記念に絵付けや陶芸体験をすることもできます。180種類の動物に会えるとべ動物園もおすすめです。

砥部動物園

砥部動物園

見る遊ぶ 体験する

昭和28年に道後に設立された道後動物園が、昭和63年に現在の県総合公園内に移転し、とべ動物園となりました。園内には180種1,000点の動物が、地理学、分類学、行動学にもとづきバランスよく集められています。パノラマ展示やストリートゾーン誘導方式による動物の国世界一周など、冒険心をかきたてる工夫がいっぱいです。

砥部焼

砥部焼

見る体験する

約230年の歴史を誇り、国の伝統工芸品や県の無形文化財に指定されている「砥部焼」。白地に呉須の藍色の絵模様が美しいのが魅力です。最近では女性や若手作家の現代感覚あふれるデザインのものも増えてきました。

炎の里

炎の里

見る体験する

国の伝統的工芸品として昔ながらの技法が活きる砥部焼の製造工程が見学できます。また、陶工気分が味わえる絵付けや、手びねり、ロクロ体験も、時間に合わせて楽しむことができます。

自然薯

自然薯

食べる

砥部の特産であるじねんじょは栄養たっぷりの山の幸。地形に恵まれ、より自然に近い形で栽培されているため、通常のものに比べ味や風味、粘りが違います。道の駅「ひろた」で開かれるまつりでは多彩なじねんじょ料理が試食できます。

特集一覧に戻る