市内その他

  • アート・文化
  • フィールドミュージアムマスター

一草庵

  • 一草庵

目次

    自由律俳人・種田山頭火の終焉の場所。昭和14年12月に安住の地を求めてこの地にたどり着き、翌年10月に永眠する。自由律俳句とは、俳句の定型である5・7・5に縛られずに作られた俳句で、季題にとらわれず、感情を自由に表現することが重要とされる。庵の外観は自由に見学でき、庵の内部は無料で土・日・祝日のみ公開している。月曜日から金曜日は有料で句会や講座等を開くこともできる。

    基本情報

    所在地
    松山市御幸1-435-1
    アクセス
    市内電車「赤十字病院前」より徒歩約7分
    時間
    9:00~17:00(7~8月は9:00~17:30、11~1月は9:00~16:30)
    休み
    外観は無休、内観は月曜日~金曜日(平日は有料で貸出をしています)
    料金
    見学無料、使用料:1時間500円
    条件
    • 公共交通機関で行ける
    誰と?
    • ファミリー
    • カップル
    • 友達
    • 一人旅
    • シニア
    おすすめの季節
    備考
    内容については都合により変更になる場合がございますので予めご了承ください。
    最新情報については各施設にお問い合わせください。
    フィールドミュージアムマスターに関するお問い合わせはまちづくり推進課(電話089-948-6996)までお願いします。
    専用駐車場はありません。

    詳細情報

    お問い合わせ
    089-948-6891(文化財課史跡整備担当)
    公式WEBサイト
    https://www.city.matsuyama.ehime.jp/shisetsu/bunka/issouan.html
    2021年2月時点の情報です。詳細は各施設の公式ホームページでご覧頂くか、各施設へお問い合わせください。