高浜・三津浜

  • アート・文化
  • フィールドミュージアムマスター

子規の句碑(水産市場)

  • 子規の句碑(水産市場)

目次

    松山鮨を詠んだ句を石碑にしたものである。副碑には、松山鮨にまつわる俳句の説明として、「松山には、昔から祝い事や訪問客をもてなす際に「ちらし寿司」をつける慣わしがあり、「瀬戸の小魚」をちりばめた「松山鮓」は、その中でも最高のもてなしであったと言えます。」とある。「われに法あり」の句は、夏目漱石が明治25年に初めて来松し、正岡子規の家を訪れたとき、母「八重」がもてなした松山鮓を大いに喜び、和服姿にあぐらをかいた子規の前に正座し、一粒もこぼさないように礼儀正しく食べた様子を詠んだ句といわれている。
    「四国・愛媛 俳句の里 松山」抜粋

    基本情報

    条件
    誰と?
    • ファミリー
    • カップル
    • 友達
    • 一人旅
    • シニア
    おすすめの季節
    備考
    内容については都合により変更になる場合がございますので予めご了承ください。
    最新情報については各施設にお問い合わせください。
    フィールドミュージアムマスターに関するお問い合わせはまちづくり推進課(電話089-948-6996)までお願いします。

    詳細情報

    2021年8月時点の情報です。詳細は各施設の公式ホームページでご覧頂くか、各施設へお問い合わせください。