965

愛媛のロケ地巡りへ!フィルムツーリズムに外せないスポット3選

道後高浜・三津浜

愛媛のロケ地巡りへ!フィルムツーリズムに外せないスポット3選

美しい自然に恵まれ、懐かしい時代の面影を残す松山市。 そんな魅力的な景色は、さまざまな映画やテレビドラマなどのロケ地に選ばれています。また、文学のまちでもある松山市を舞台にした小説も多数。日本を代表する、夏目漱石の「坊っちゃん」は特に有名で、何度となく映像化もされました。作品に登場した場所を訪れ、独特の世界にひたったり、記念撮影をしたり、ロケ地巡りで自慢の思い出ができること間違いなしです!

STORY01 夏目漱石「坊っちゃん」

夏目漱石の代表作である「坊っちゃん」は松山を舞台とした作品です。作品が発表されたのは1906年ですが、これまでに何度となく映画やテレビドラマになっています。テレビドラマに登場した道後温泉本館やターナー島(四十島)は、今も当時と変わらぬ姿を残しており、マッチ箱のようなかわいらしい鉄道も、「坊っちゃん列車」として復活。穏やかな時間が流れる当時の様子を思い起こさせてくれます。

道後温泉本館の詳細はこちら

坊っちゃん列車の詳細はこちら


STORY02 映画「真夏の方程式」

2013年に公開された映画「真夏の方程式」は、テレビドラマで大人気の「ガリレオシリーズ」の映画化作品。その冒頭を飾る重要なシーンで登場したのが、伊予鉄道高浜線の高浜駅です。木造の佇まい、海を望めるロケーション。映画の制作班が全国1万以上の駅の中から、イメージに合う駅として探し当てたことから「奇跡の駅」とも言われています。
昭和初期に建築された駅は、一部に当時のアール・ヌーヴォー調の特徴を残しており、海に面した駅の正面には桟橋があり、海の向こうに興居島を眺めることができます。

高浜駅の詳細はこちら


STORY03 ドラマ「東京ラブストーリー」

1991年、大ヒットした「東京ラブストーリー」は、日本のトレンディドラマブームを代表するエポックなドラマの一つ。その最終回に登場したのが、伊予鉄道高浜線の梅津寺駅です。作中には、ヒロインが駅のホームの柵にハンカチを結びつける印象的なシーンがありました。その柵には、ロケ地であったことを示す案内看板があり、今もヒロインを真似てハンカチを残していく人がいます。

梅津寺駅の詳細はこちら


 

関連記事