214

松山は「島」もいい!のんびり、アクティブ、思いのままに。忽那(くつな)諸島で過ごす島時間

北条高浜・三津浜

松山は「島」もいい!のんびり、アクティブ、思いのままに。忽那(くつな)諸島で過ごす島時間

松山沖に浮かぶ忽那(くつな)諸島。約30の島々のうち、9島に人が住んでいます。海と空、緑に包まれる心の中の原風景のような島々を訪れると、初めてでもなぜか懐かしい気持ちに。小さなクルーズを楽しんで島に降りたら、のんびりとくつろぐも良し、アクティブに楽しむも良し。自然の恵みを体じゅうで受け止めて、思い思いの島時間を過ごしてみませんか?

海に浮かぶリゾート地「鹿島(かしま)」

鹿、鹿、鹿…

北条港から渡し船で約3分。周囲約1.5kmの小さな島「鹿島」は、松山屈指のレジャーアイランドです。

屋根の上に鹿のオブジェが乗った渡し船で島に着くと、複数の鹿が飼育されており、エサやりなど鹿とのふれあいも楽しめます。

レジャーもグルメも満喫

釣りや海水浴、トレッキングなど、気軽で安全なアウトドアを楽しむことができる島です。水洗トイレやシャワー室、キャンプ場、炊事場など充実の設備も、無料・予約不要で利用できます。

名物の「北条鯛めし」が食べられるお店もありますよ。鯛を丸ごと一匹ご飯に炊き込んだ、この鹿島のある北条地区の郷土料理です。

縁結びのご利益も!

鹿島の東沖に見える夫婦岩は「伊予二見」とも呼ばれ、縁結びのご利益があると言われています。船乗り場にある「願い文ポスト」に願いを書いて入れると、夫婦岩のしめ縄に練り込まれて願いを結んでくれるのだとか。5月の春の鹿島祭りでしめ縄の張替え神事が行われます。

「愛の航路」と名付けられた鹿島周遊船もありますので、海の上から眺めるのもおすすめですよ。夕陽の頃は特にロマンティックです。

船の上で舞う「櫂練り(かいねり)」

春と秋の祭礼で行われる勇壮な船上の舞「櫂練り(かいねり)」は、見応えのある県の無形文化財です。河野水軍が戦勝祈願に奉納した踊りが起源とされ、独特の鐘の音が郷愁を誘います。

忽那諸島最大。鉄人も集う「中島(なかじま)」

トライアスロンの島!

忽那諸島の中で最大、人口も最多の中島は、フェリーで1時間ほど、高速船で約30分。夏には多くの海水浴客で賑わいます。

8月下旬に「トライアスロン中島大会」が開催され、県内のみならず全国各地から“鉄人”が島に集います。応援やボランティアスタッフなども含めると1,000人近くが来島し、島中が賑わう一大イベントです。

物語を感じる豊かな自然

「鎧掛け松」は、源義経が上陸し脱いだ鎧をかけて休んだという伝説を持つ松です(現在の松は初代の種から育った二世)。義経の威光を感じて横にしか伸びなくなったとか。

忽那八幡宮の神木・大楠は樹齢およそ800年、桑名神社南麓の森にあるカヤの神木は推定樹齢700年。どんな島の歴史を見てきたのでしょうか。

夏の夜を彩るヒメホタルなど、生き物たちの姿も感動的です。

アクティビティ豊富な絶景の島「興居島(ごごしま)」

島の絶景スポットを巡ろう

松山市街地から最も近いのは興居島で、フェリーで約10分。愛媛の中でも指折りの柑橘名産地です。入り組んだ海岸線が続く複雑な形をした島で、年中釣り客が訪れる好漁場であると同時に、島のいたるところが絶景スポットです。

中でも島の南側にある「恋人峠」は、映画などのロケ地にもよく使われる人気の場所。青い海と空のもと松山市街を一望でき、春には黄色いガザニヤの花が一面に咲く夢のような光景が広がります。夏には対岸で行われる三津浜花火大会も見られますよ。

他にも高さ282mの緩やかな稜線を描く興居島のシンボル「伊代小富士」は、登山道が整備され山頂からの景色も楽しめます。島の北側の琴引鼻も好スポットです。

「島四国」にもぜひ挑戦を

アクティビティも充実しており、海水浴や潮干狩り、キャンプ、レンタサイクルで爽快に島を巡るのもおすすめです。

島内の札所を回る「島四国」は、四国八十八箇所と同じご利益があるとされています。その歴史は250年を超え、毎年4月20日・21日の縁日では島をあげてのお接待に各地から多くの巡拝客が訪れます。

勇壮に、艶やかに「船踊り」

10月に船越和気比売(わけひめ)神社の祭礼に奉納される「船踊り」も、島の大切な歴史です。

戦いから帰った水軍が、島民に船上で戦いの様子を身振り手振りで演じ伝えたのが起源とされています。船の上に舞台を組み力強い黙劇や舞を披露する、県の無形民族文化財です。

グルメや観光、それぞれの島の個性を味わって

映画の舞台にもなった「野忽那島(のぐつなじま)」、港近くの海岸線に「長屋門」の豪邸が並ぶ「睦月島(むづきじま)」など、どの島にもそれぞれの個性があります。

グルメも見逃せません。「怒和島(ぬわじま)」「津和地島(つわじじま)」では松山市が「まつやま農林水産物ブランド」に認定している特産品「ぼっちゃん島あわび」が育ちます。肉厚で食感も風味も良い絶品のあわびです。近年は玉ねぎも全国で評判を呼び、柑橘以外にも色々な食材が注目を集めています。

それぞれの島で工夫を凝らしたワークショップや季節のイベントなども行なっています。グルメ、アート、アクティビティ、お好みのスタイルで、島でしかできない体験を満喫してください。

関連記事