647

映え?それとも、のんびり??女子大生VSオトナ女子が松山の街を歩く♪

市内全域

映え?それとも、のんびり??女子大生VSオトナ女子が松山の街を歩く♪

カラフルで心踊る、道後の街を歩く♪

映えスポットを巡りたい、アクティブな女子大生が道後を楽しむなら…

道後で外せないフォトジェニックスポット『圓満寺』へ!

道後を守る火除け地蔵として知られており、今では「火事封じ」から転じて、「浮気防止」にもご利益があるのでは!?と、恋する乙女たちから絶大な人気を誇っています。

心を落ち着かせ、ころんとしたフォルムのお結び玉に心を込めて、お願いを書きましょう。
壁一面を彩るお結び玉を背景に、撮影してみてはいかがでしょう?

松山名物といえば、串に刺さった三色の『坊っちゃん団子』!

文豪の夏目漱石による小説「坊っちゃん」の中で登場する団子は、道後商店街のつぼや菓子舗の「湯晒団子(ゆざらしだんご)」がモデルだと言われています。

道後商店街内には、つぼや菓子舗をはじめとして、ジャンボ坊っちゃん団子の巴堂本舗、無添加手作りが自慢の白鷺堂と、坊っちゃん団子を売っているお店があり、店舗によっては1本から購入することができるので、いろんなお店を食べ比べてみて。

巴堂本舗のジャンボ坊っちゃん団子は、通常の9倍の大きさのお団子が3つも串に刺さった豪快な1本。
写真映えすること間違いなし!

のんびり、観光気分を味わいたい、オトナ女子が道後を楽しむなら…

国の重要文化財に指定されている、日本三大八幡造に数えられる「伊佐爾波神社」へ!
金箔をはった円柱、彫刻を抱いた蛙股、海老虹梁など、極彩色の豪華な神社です。

135段の石段を登り、振り返ると市街地が一望できます。
一直線にスッと伸びる道後温泉駅までの道すじは、清々しいものがあり、心の迷いも消えてしまいそう。

「厄除け」「安産」「縁結び」の他に、松平定長の祈願成就の説話もあるなど「心願成就」のご利益もあるそうですよ。

歩き疲れたら、道後温泉の『空の散歩道』へ!
こちらは道後温泉本館南の高台にある足湯スポットで、横長いベンチに腰掛け、道後温泉本館を望みながら足湯を楽しむことができます。

爽やかな空気が満ちた6時から、夜景の美しい21時まで開放されているので、時間帯によって違った景観を楽しめるのも嬉しいポイント。
庭に咲く、桜、藤、紫陽花、紅葉、寒椿といった四季折々の自然も美しいですよ。

空の散歩道の入場や足湯の利用は無料。足を拭くタオルは、各自ご用意ください。

絶景!街全体を見渡せる、難攻不落な松山城を歩く♪

映えスポットを巡りたい、アクティブな女子大生が松山城を楽しむなら…

松山のシンボル『松山城』は、現存している12天守の一つであることや、全国的にも珍しい「登り石垣」を有するなど見所も多く、お城マニアたちに人気。

そんな松山城で、ちょっと非日常を味わってみて!

松山城への登り方は、徒歩・リフト・ロープウェイの3パターンがあります。
行きは片道3分でサクッと山頂へ到着する「ロープウェイ」が、帰りは片道6分かけてゆっくりとゆらゆら、城下町を見ながら空の散歩が楽しめる「リフト」がオススメです。

松山城の茶屋 城山荘売店で大人気なのが、『蛇口からみかんジュース』!

ジョッキサイズとグラスサイズが選べますよ。
どちらもおかわりはできないので、なみなみ注いでくださいね。

お茶請けとして頼めるお団子は、一本150円です。
松山城を背景に、一枚パシャリとどうぞ!

松山城の天守内の視聴ブースでは、ドローンやCGを駆使して作られた映像コンテンツ『VR松山城 ~謎の姫と幻の合戦~』が公開中。

備え付けのVRゴーグルを着用して起動させると、普通では見ることのできない角度から松山城とその周辺を見渡すことができます。
まるで、気分は鳥のよう!

VR松山城~謎の姫と幻の合戦~【68秒Ver.】

難攻不落と称される松山城が、どういった点に優れているのかを知ることができる「攻城戦」のVR体験は、臨場感あふれるサウンドと映像で、合戦中にタイムスリップしたかのような気分にさせてくれますよ!

のんびり、観光気分を味わいたい、オトナ女子が松山城を楽しむなら…

東西南北、松山市を360度見渡せる、松山城の天守がオススメ!

運が良ければ、西日本最高峰の石鎚山や四国の最西部に位置する佐田岬半島まで見渡すことができます。

天守の利用は17時まで(季節により異なり、営業終了時間の30分前に札止め)ですが、松山城は「日本夜景遺産」のライトアップ夜景遺産にも認定されているので、夜に登って本丸広場から眺めるのもオススメですよ。

歩き疲れたら、二之丸史跡庭園で休憩を。

かつての二之丸は、政務や住居のための藩邸機能があったそう。
現在は邸宅の間取りを草花や水、芝生などで表現し、季節ごとに様々なお花が楽しめる庭園として整備されています。

また、結婚式の前撮りスポットとしても人気が高く、年間600組以上のカップルが訪れる恋人たちの聖地でもあります。

観光客が多く訪れる賑やかな松山城に比べ、二之丸史跡庭園内は静かで落ち着いた雰囲気。
ゆっくりとした時間を大切にしたいオトナ女子には、オススメの穴場スポットです。

歴史ある、ノスタルジックな三津浜エリアを歩く♪

映えスポットを巡りたい、アクティブな女子大生が三津浜を楽しむなら…

映えスポットとして人気高い、三津の正念寺へ!

本堂の天井には、日蓮聖人生誕800周年を記念して52枚の絵画が飾られています。
全国の絵師による、個性豊かな絵画をお楽しみください。

西の窓を彩る、手作りの風車も見ごたえ抜群。
そよ風に撫でられ、くるくると回る景色は幻想的ですよ。

法要中でなければ、本堂内は出入り自由。
靴を脱いでおあがりくださいね。

境内入り口にある自動販売機もチェック!

スパイスカレーをこよなく愛する正念寺の宮澤住職が、独自で調合したスパイスセットが24時間、販売されています。
4種類のスパイスは、季節や住職さんの気分によって変更されるそうなので、時々足を運んでみて。

お線香や絵馬も冷えていますよ。

正念寺のお隣にある三津厳島神社も、三津を代表する映えスポット。
落ち着いた境内には、厳かな空気が流れています。

コロナ禍でお手水が使えないことから、地元のフラワーショップが季節の花々を使ったフラワーアレンジメントを公開中です。
美しい花手水は西と東に2カ所あるので、ぜひどちらもお見逃しなく。

三津厳島神社ではクリエイター応援企画として、毎月違うデザイナーによって描かれる限定御朱印が用意されています。

いただける時間は、朝の9時から16時半まで。
参拝の証に、ここでしかいただけない御朱印をどうぞ!

のんびり、観光気分を味わいたい、オトナ女子が三津浜を楽しむなら…

至る所に小路がある、レトロな町並みの三津浜。
歩き疲れたら、築110年の歴史がある登録有形文化財・旧鈴木邸でひとやすみ。

まるでおばあちゃん家に遊びに来たかのような、あたたかさがあります。
冬はこたつで、夏は縁側で、美味しいお茶と手作りおはぎを楽しんで。

昭和30年代に建てられたお茶室は、三津浜にゆかりのある重藤宗知(しげとうそうち、裏千家・業躰)がプロデュースしたと言われています。

茶道と三津の歴史に思いを馳せながら、味わい深い一杯を、ぜひ。

2分間の船旅が楽しめる「三津の渡し」は、実は市道高浜2号線(公道)。
松山港内港地区の三津と港山の間約80mを結ぶ、年中無休・無料の渡し船です。

地元の足としてはもちろん、観光名所としても有名で四国八十八景55番に選ばれています。
観光として乗船する場合のオススメ時刻は、黄昏時!

海面に映り込む夕日や灯りの美しさは、まるで一枚の絵画のよう。
穏やかな内海と夕日が織りなす絶景を、船の上からご覧あれ!

リゾート気分!神秘的な無人島、鹿島を歩く♪

映えスポットを巡りたい、アクティブな女子大生が鹿島を楽しむなら…

北条鹿島は、愛媛県松山市北部に位置する無人島。

3分間の船旅で上陸できる北条鹿島は、キャンプ場や海水浴場、ちょっとしたハイキングが楽しめる小山など、海と山のアウトドアが同時に楽しめるスポットとして人気です!

無人島とはいえ、北条鹿島内には売店や飲食店もあるので、飲み物や食べ物に不自由しません。

北条鹿島レストハウスにはカレーライスや揚げたこ焼きといった軽食から、面白スイーツの「鹿のフンソフト」などもあるので、お腹も心も満たされますよ。

北条鹿島レストハウスを利用すれば、手ぶらでBBQが楽しめます。

1人でも利用できる七輪から大型BBQコンロまで、利用人数に応じて選べるのも◎。
セット内容には、網やトング、取り皿&箸、軍手、レンタルバーナーなど、一通り揃っています。(炭は別売り)

前日までの予約で、野菜とおにぎりが付いてくる「お肉・海鮮BBQセット」や、タープテント・ビーチパラソル、ガーデンテーブル&チェアも借りることができるので、完全に手ぶらで気軽にBBQが楽しめます。

恋人のいる方や、これからという方も、「恋人の聖地」を訪ねてみては?
登山口から、頂上の展望台へ登ると「幸せの鐘」がありますよ。

ちなみに、こちらの鹿園には、お尻の模様がハートの形をしている鹿さんも居るので探してみてくださいね!
恋愛運が上昇するかも?という噂です。

山道を徒歩で約20分。
ちょっと薄暗かった森を抜けると、目の前には開けた頂上が!

やや汗ばむ程度のハイキングですが、気持ちの良い達成感を味わうことができます。

展望台はとても静かで、この世界には自分たちしかいないのでは…?と錯覚するほど。
鐘を鳴らして、これからのことを考えるのにピッタリな場所です。

また、玉理・寒戸の夫婦岩を見つめながら鐘を鳴らすと恋が成就する…?という噂もありますよ!

のんびり、観光気分を味わいたい、オトナ女子が鹿島を楽しむなら…

神の遣いとも言われる鹿島の鹿は、体が小さく警戒心が強いニホンジカ。

現在は森林生態系を保全する目的で南北2カ所の鹿園に保護されています。渡船発着所の左手にある「渡部商店」で鹿の餌を購入すれば、鹿と触れ合うことができますよ。

鹿の餌は、ジャンボトウモロコシとペレット。
掌の上に餌を置いて、柵のすき間に差し込み、しばらくじっとしてみてください。

警戒心が解けたら、掌から餌を受け取ってくれます。
ペロッと舌を出した、可愛い鹿が見られてメロメロになるはず!

美味しそうに餌を食べる鹿を見ていたら、なんだか私のお腹もグゥグゥ。
そんなときは瀬戸内海を眺めながら、美味しい鯛めしはいかが?

島の東側にある鹿園のすぐ近くには、海に突き出た建物の太田屋 鹿島店があります。
こちらは嘉永6年(1853年)から続く、松山の郷土料理・鯛めしを提供している老舗です。

天然の鯛と出汁だけで炊きあげられる鯛めしは、鯛本来の旨味がギュッと凝縮された上品な味わい。
違いの分かるオトナ女子にはぴったりでしょう?

※鹿島店の営業は、4月末頃から10月末頃まで。その他の期間は北条店が営業しています。

先ほどもお伝えしましたが、鹿島の山頂は北条の町並みや瀬戸内海が見渡せる、絶景スポット!

景観も良く、静かな場所なので、ゆっくりとした時間を楽しみたいオトナ女子にぴったりな場所です。

鹿島登山口は、南の鹿園横と船着き場からすぐの2カ所。

ちょっとしたハイキングなので、長ズボンや歩き馴れた靴を履くなど、歩きやすい服装で登ってくださいね。

道中には休憩用のベンチもあるので、体力に自信のない方も休みながら進むことができますよ。

北条鹿島へきたら、ぜひ参加してほしいのが祈願成就の「願い文」。

展望台でご紹介した、鹿島沖の玉理・寒戸の夫婦岩には大きなしめ縄が掛かっています。
この大しめ縄は、約840年前に源平合戦で活躍した伊予の豪族 河野氏が、竜神様に戦勝祈願をしたことが起源とされ、毎年5月4日前後に張替えられています。

大しめ縄には、多くの人の願いが込められた「願い文」が一緒に編み込まれており、長さ45m、重さ約1tと圧巻の大きさです!

瀬戸内海の上に掛かる大しめ縄に、自分の願いも託してみませんか?
心が軽くなるかもしれませんよ。

※願い文ポストは、北条駅・鹿島渡船乗り場・鹿島の3カ所に常時設置。

 

関連記事